短時間労働者に適用拡大する規模要件を500人超から50人超... ダイジェスト一覧

特集年金制度の機能強化のための国民年金法等の改正法律案①

短時間労働者に適用拡大する規模要件を500人超から50人超へ段階的に実施

 政府は、令和2年3月3日、被用者保険の適用拡大や、在職中の年金受給の在り方の見直し等が盛り込まれた「年金制度の機能強化のための国民年金法等の一部を改正する法律案」(以下「改正法律案」といいます)を閣議決定した。改正法律案は、同日、第201回国会(令和2年常会)に提出されている。  今回の改正法律案は、社会経済構造の変化に対応し、年金制度の機能強化を図るため、①「短時間労働者に対する被用者保険の適用拡大」、②「被用者の老齢厚生年金に係る定時改定の導入及び在職中の支給停止制度の見直し」、③「老齢基礎年金等の受給を開始する時期の選択肢の拡大」、④「確定拠出年金の加入可能要件の見直し」、⑤「政府管掌年金事業等の運営の改善」、⑥「独立行政法人福祉医療機構が行う年金担保貸付事業等の廃止」、⑦「障害年金と児童扶養手当の併給調整の見直し」──等の措置を講ずることを趣旨とするもの。①の「短時間労働者に対する被用者保険の適用拡大」については、令和4年10月1日から段階的に施行されることとされている。(編集部)

News

  • (新型コロナへの緊急対応策「第2弾」を発表) 臨時休校に伴う経済的支援など盛り込む
  • (新型コロナ受け経済団体等に要請) 内定取消しの防止のため最大限の経営努力求める
  • (臨時休校での保護者支援)委託を受け個人で仕事をする者に1日4100円支給
  • (連合・春闘第1回回答集計) 賃上げ額は平均5841円で昨年同期に比べ812円減
  • (厚労省・経済団体に要請)フリーランスとの取り引き継続の配慮求める
  • (JEED・障害者雇用好事例募集) 厚生労働大臣賞及び優秀賞の表彰式を9月に開催

特集特別企画

令和元年度 特定最低賃金の決定状況

全国加重平均903円(16円増)

(厚生労働省・労働基準局賃金課)

シリーズ相談です!弁護士さん

相談28 「同一労働同一賃金ってなんですか」

~労働契約法20条で不合理とされた労働条件~

無期転換後の労働者も含めて有期と無期の均等・均衡待遇の実現を

(執筆/弁護士・桑島良彰(札幌いぶき法律事務所)監修/北海道大学名誉教授・道幸哲也)

シリーズ労働保険審査会の裁決事例に学ぶ

業務と関係のない持病が長時間労働の末、発症。業務との関連は?

(労働評論家 飯田 康夫)

労働判例研究労働判例解説

ジャパンビジネスラボ事件(令和元年11月28日 東京高裁判決)

育児のため正社員から契約社員になった後に雇止め

マスコミへの虚偽の発言により会社の名誉を毀損したとして雇止めを有効

(光樹法律会計事務所 弁護士 新 弘江)

労務相談室

  • 社会保険今期2度目のインフルエンザによる申請/傷病手当金支給されるか
  • 障害者障害者雇用納付金の減額の特例/4月からなくなるのか
  • パワハラ同期入社の者から簡単すぎる業務の指示/パワハラに該当か

【労働基準広報】読者会員専用サイトでは以上の記事の全文(PDF)を閲覧できます。

2020年4月11日号の目次(PDF)はこちら

労働法令解釈運用の総合実務誌【労働基準広報】   労働調査会の定期刊行誌

■労働法令解釈運用の総合実務誌【労働基準広報】労働調査会の定期刊行誌

労働基準法、労災保険法をはじめ、派遣法、均等法、労働契約法など、労働法や労働問題全般をカテゴリーとし、迅速かつ的確に報道・解説しています。月3回の旬刊誌の特長を生かし、新聞に勝る解説量と、月刊誌をしのぐ速報性が自慢の労働問題の総合実務誌です。また、「労務相談室」では、読者からの問合せに対し、専門の担当者が、労務管理上の問題解決のノウハウや各種資料データを、電話、FAXなどでお答えしています。

  • 人事労務担当者必読の労働問題全般に関する総合実務誌
  • 労基法、派遣法など労働関連の法改正を適宜解説
  • 月3回発行の旬刊誌の特長を生かした速報性
  • 弁護士・大学教授など専門家執筆の実務企画連載
  • 読者専用「労務相談室」では専門担当者が迅速回答

見本誌(無料)の送付・ご購読お申し込みはこちら