■労働法令解釈運用の総合実務誌■■■■■■

本サイトは、定期刊行誌「労働基準広報」の読者会員専用サイトになります。発行いたしましたユーザーID、パスワードでログインできます。

新しくご入会をご希望される皆様には、本誌のご購読お申し込みの後に、閲覧のためのユーザーID、パスワードが発行されます。

 

【消費税率引き上げの対応に関するお知らせ】

●「労働基準広報」ご購読の特典 「無料労務相談室」のご案内(PDF)

●「労働基準広報」ご購読の皆様へ  無料特典のご案内(PDF)

労働基準広報

■労働法令解釈運用の総合実務誌

  • 労働基準法、労災保険法をはじめ、派遣法、均等法、労働契約法など、労働法や労働問題全般をカテゴリーとし、迅速かつ的確に報道・解説しています。月3回の旬刊誌の特長を生かし、新聞に勝る解説量と、月刊誌をしのぐ速報性が自慢の労働問題の総合実務誌です。また、「労務相談室」では、読者からの問合せに対し、専門の担当者が、労務管理上の問題解決のノウハウや各種資料データを、電話、FAXなどでお答えしています。
  • 労働基準広報
  • 〜好評の別冊付録(最近の配布例より)〜
  • ●最新労災保険法Q&A
  • ●改正パート労働法施行通達全文
  • ●最近の重要労働判例(上)、(下)
  • ●フレックスタイム制の実務
  • ●最近の労務相談事例集
  • ●割増賃金のQ&A
  • ●65歳までの雇用確保措置Q&A
  • ●通勤災害の実務
  • ●最新モデル就業規則
  • B5判/56頁/月3回(1日・11日・21日)発行/年6回別冊付録つき
  • 年間購読会費 60,480円(本体 56,000円 + 消費税 4,480円)
  • 別冊付録「改正労働基準法 法条文と解説」
  • 別冊付録がパワーアップしました!
  • 本誌の大幅増ページに続き、ご購読者の特典のひとつである「別冊付録」のページ数の大幅増加を図り、よりパワーアップいたしました。労働環境が激変する情勢にあって、内容もこれまで以上に時宜にかなったテーマを厳選し、ご購読者の皆さまの実務に役立つ情報をお届けいたします。本誌と併せてご活用いただければ幸いです。

  •  内容、ページ数ともにパワーアップする新別冊付録にご期待ください。

●「労働基準広報」過去のダイジェスト

最新号「平成26年11月21日号」ダイジェスト

労働基準広報

    【特集】女性の活躍推進法案の内容

  • 女性の活躍推進の数値目標などを定めた行動計画策定を義務付け
  • 政府は、10月17日の閣議で「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律案」を決定し、同日、今臨時国会に提出した。安倍政権は、日本再興戦略などで女性の活躍推進を柱の1つと位置付け、「2020年までに指導的地位に占める女性の割合を30%に引き上げる」という目標を掲げている。法案では企業などに女性の積極的登用を促すため、労働者301人以上の企業に、女性の活躍推進のための取組内容や数値目標などを定めた行動計画の策定を義務付けている。企業は、採用者や管理職に占める女性の割合、勤続年数の男女差などの状況を把握し、改善すべき事情を分析したうえで、取組内容や数値目標を盛り込んだ行動計画を策定し、厚生労働大臣に届け出るとともに、計画を公表しなければならない。なお、労働者300人以下の企業については、行動計画の策定などは努力義務とされている。
  • (編集部)
  • ■裁判例から学ぶ予防法務〈第3回〉【新企画】

  • コアズ事件(東京地裁 平成24年7月17日判決)
  • 賃金減額や降格の際は感情を排除し後付けではない合理的理由の用意を
  • 2度にわたる給与減額と降格、その後の解雇などが紛争となった「コアズ事件」では、①給与減額の有効性、②降格処分の有効性、③退職合意の成否、④本件解雇の有効性──などが争点となった。賃金の減額については、5%~10%程度がひとつの目安になると思われるが、これを超える減額が有効となるためには、余程の強い「合理的な理由」が必要となる。この「合理的な理由」には、それを証明する証拠や「後付け」ではないことなどが求められる。
  • (弁護士・井澤慎次)
  • ■解釈例規物語〔63〕

  • 第91条関係
  • 減給の制裁の限度、減給の制裁規定の規制対象となる処分 -その2-
  • (中川恒彦)
  • ■NEWS

  • ●(厚労省・ストレスチェックの実態調査結果)ほとんどの企業が健診とは別機会に実施
  • ●(25年度・未払賃金立替払状況)立替払額は前年度と比べ13.3%減少の152億円
  • ●(25年労働安全衛生調査結果)職場のパワハラ防止に取組む事業所割合56%
  • ●(法の関係政令2本公布される)過労死等防止対策推進法が今月1日施行される
  • ●ほか
  • ■新企業事例/現場に聞く! 障害者雇用の今 ⑦

  • 4名の精神障害者が営繕業務に従事 職場の仲間として接することが働きやすさに
  • ~四季株式会社~
  • (編集部)
  • ■労務資料/平成25年若年者雇用実態調査結果①~事業所調査~

  • 若年正社員の定着対策行う事業所が7割
  • (厚生労働省調べ)
  • ■連載/労働スクランブル[199]

  • 認知度低い“ディーセント・ワーク”
  • ~“働きがいのある人間らしい仕事”って聞いたことない88.3%~
  • (労働評論家・飯田康夫)
  • ■わたしの監督雑感

  • 時短と労働条件確保対策の思い出
  • (山口・下松労働基準監督署長 藤村恵)
  • ■今月の資料室

    ■労務相談室

  • 賃 金 関 係 〔小規模の店で働くアルバイトの賃金〕立地する地域の最賃額適用か
  • 〔回答:弁護士・新弘江〕
  • 労働基準法〔1日に1万円を支払う高額インターンシップ〕労働契約になるか
  • 〔回答:弁護士・荻谷聡史〕
  • 懲   戒〔懲戒処分の対象者を社内で掲示〕二重処分となるか
  • 〔回答:弁護士・鈴木一嗣〕
USER LOGIN
  • ユーザーID
  • パスワード
  • 労働基準広報/編集部ブログ

労働調査会の定期刊行誌

  • 労働基準広報
  • 先見労務管理
  • 労働安全衛生広報
  • 建設労務安全

  • 労働調査会ビジネススクール